ヒンディー語の未来形

ここではヒンディー語の未来形を学びましょう。

ヒンディー語の未来形の作り方は簡単です。

जानाで終わるヒンディー語の未来形を見てみましょう。

  男性名詞 女性名詞
行きます मैं जाऊँगा मैं जाऊँगी
あなたは行きます(くだけたいいかた) तू जाएगा तू जाएगी
あなたは行きます तुम जाओगे तुम जाओगी
あなたは行きます(丁寧) आप जाएँगे आप जाएँगी
彼、彼女、それは行きます वह जाएगा वह जाएगी
私達は行きます हम जाएँगे हम जाएँगी
彼らは行きます वे जाएँगे वे जाएँगी

不規則動詞

動詞देनाとलेनाは異なったフォームをとります。

私はあげます. – मैं दूँगा।

彼女はとります. – वह लेगी।

未来形の例文をもっと見てみましょう。

私は明日の朝にいきます。
मैं कल सुबह आऊँगा।

月曜日に彼女はあなたの友達に話します。
वह सोमवार को आपके दोस्स से बात करेगी।

6月に帰国しますか?
क्या आप जून में घर जाएंगे?

明後日に何冊か本をここにもってきてくれますか?
क्या आप परसों उसे कुछ किताबें देंगे?

あなたの本はいつか読みます。
मैं आपकी किताब किसी रात को पढ़ूँगा।

彼は男の子らに本をあげます。
वह कुछ लड़कों को किताब देगा।

ヒンディー語の名詞、形容詞とその性別

男性名詞

男性名詞はअで終わります。名詞の複数形をつくるときに性別の違いを学ぶことは重要です。
男性名詞でअで終わるとき、अをएに変えると複数形になります。 अで終わらない男性名詞は変えなくてそのままでOKです。

例をみてみましょう。

男の子 लड़का   男の子ら लड़के
जूता   靴ら जूते
आदमी   男ら आदमी
घर   家ら घर

女性名詞

If a feminine noun ends in or , then to make it plural, change the ending to इयाँ. If a feminine noun does not end in or, then add एँ.

女性名詞でईか で終わるとき、 ईか इइयाँに変えると複数形になります。 ईか で終わらない女性名詞にはएँをつけます。

例をみてみましょう。

女の子 लड़की   女の子ら लड़कियाँ
いす कुर्सी   いすら कुर्सियाँ
महिला   女ら महिलाएँ
ポケット जेब   ポケットら जेबें

ヒンディー語の形容詞

色、形、大きさを表すのが形容詞。

名詞が男性の単数なら、形容詞は अのままでおわります。複数形なら एにかえます。女性名詞の場合はどちらもईにかえます。

例をみてみましょう。

大きい男の子 बड़ा लड़का   大きい男の子ら बड़े लड़के
小さい家 छोटा घर   小さい家ら छोटे घर
大きい女の子 बड़ी लड़की   大きい女の子ら बड़ी लड़कियाँ
小さいポケット छोटी जेब   小さいポケットら छोटी जेबें

学習したことが十分に身についたら、メインページに戻り、ほかのコースで学習をつづけてください。

ヒンディー語の命令文

ヒンディー語の命令文を学びましょう。

一般動詞

以下のテーブルは座るの疑問文です。場面別にどういうかを学びましょう。

場面 語尾 座る
とてもていねい इयेगा बैठियेगा
ていねい इये बैठिये
ふつう बैठो
くだけたいいかた (none) बैठ

 動詞の命令文をもっと学びましょう。

場面 与える 取る する to drink
とてもていねい दीजियेगा लीजियेगा कीजियेगा पीजियेगा
ていねい दीजिये लीजिये कीजिये पीजिये
ふつう दो लो करो पियो
くだけたいいかた दे ले कर पी

否定文の命令形

ていねいな動詞の前に ( “na”と発音します)を置く

座らないで

न बैठिये

くだけたいいかたとふつうの動詞の前には動詞の前に मतを置く

座らないで

मत बैठो

例文をもっと見て見ましょう。

今すぐここにきて
अभी यहाँ आइये।

そこにいって
वहाँ जाओ।

明日お店に行って
कल दुकान जाना।

今日いくな
आज मत जाओ।

本をくれ
किताब दीजिये।

今日は乗るな
आज गाड़ी न लीजिये।

ヒンディー語の疑問詞

ヒンディー語の疑問詞を学びましょう。

質問をしたり、はい、いいえの答えを求める場合は文の語尾のイントネーションがあがります。日本語や英語と同じです。

基本的な疑問形を覚えましょう

क्या
どこ कहाँ
いつ कब
なぜ क्यों
कौन

क्याを初めに加えます。省いたり、文の後ろでもOKですが、中央には全体におけません。

例を見てみましょう。

あなたは英語を話します。

 आप अंग्रेज़ी बोलते हैं।

क्याを文の先頭につけると

あなたは英語を話しますか? – क्या आप अंग्रेज़ी बोलते हैं?

となります。

क्याを省いてイントネーションをあげるだけでもOKです。

例文をもっとみてみましょう。

食べ物をたべますか? – はい.
क्या आप खाना खाते हैं? – हाँ जी।

これは何ですか?
यह क्या है?

あれは何ですか?
वह क्या है?

あなたは誰ですか?
आप कौन हैं?

どうして寝ませんか?
तुम क्यों नहीं सोते हो?

何時に朝ごはんをたべますか?
आप नाश्ता कब खाते हैं?

ヒンディー語の現在形

ここではヒンディー語の現在形を学びましょう。

बोलनाの活用形を見てみましょう。

全てのヒンディー語の不定詞はनाで終わります。

動詞は2つ部分があります。先頭と語尾です。ここを変化させていきます。

では例を見てみましょう。

  男性 女性
私は話す मैं बोलता हूँ मैं बोलती हूँ
あなたは話す(くだけたいいかた) तू बोलता है तू बोलती है
あなたは話す तुम बोलते हो तुम बोलती हो
あなたは話す (丁寧) आप बोलते हैं आप बोलती हैं
彼、彼女、それは話す वह बोलता है वह बोलती है
私達は話す हम बोलते हैं हम बोलती हैं
彼らは話す वे बोलते हैं वे बोलती हैं

否定形

ヒンディー語の”いいえ”はनहींです。この単語は現在形の否定形に使います。動詞の前に置くだけです。

英語を話しません。- मैं अंग्रेज़ी नहीं बोलता हूँ।

ヒンディー語の語順

ここではヒンディー語の語順を覚えましょう。

基本的なヒンディー語の語順は主語ー目的語ー動詞 (S-O-V)の形になります。しかし語順はときどき重要にならないときもあります。日本語もそうですよね。

では例を見てみましょう。

私はPankajです。 मैं पंकज हूँ।

このようになります。

ヒンディー語の冠詞

ヒンディー語には冠詞がありません。たまに数字1が使われるくらいです。例えばペンを下さいがペンを1本くださいという感じです。

単語

कुत्ता m.   किताब f.
人々 लोग

mは男性名詞でfは女性名詞です。全ての名詞には性別があります。ヒンディー語を学ぶ上で名詞の性別を学ぶことはとても重要です。

ヒンディー語の代名詞

ヒンディー語の代名詞を覚えましょう。

単数     複数  
मैं   私達 हम
あなた तू   あなた達 तुम, आप
彼、彼女、それ यह, वह   それら ये, वे

上記の代名詞は男性、女性関係なく使えます。

複数系のあなた達はなぜ2つあるのか?

ヒンディー語でतूは近い友人か子供だけに使います。तुम は複数で友達達か子供達というかんじで使います。
また挨拶だけで単数の人にも使えます。
これは尊敬を意味します。आपは単純に複数形になります。これも挨拶(ただし、知らない人や年上)に使えます。

होनाの現在形

होनाの意味は英語でTO BEです。

ではこの時制を学びましょう。

私は~です मैं हूँ
あなたはは~です तू है
彼、彼女、それは~です यह है, वह है
私達は~です हम हैं
あなたたちは~です तुम हो
あなたたちは~です आप हो 丁寧な形ですがआप हैंよりそうじゃないです
あなたたちは~です आप हैं
それらは~です(近い) ये हैं
それらは~です (遠い) वे हैं




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする